交通事故で怪我をしたので通院していたのですが、医者に症状固定という診断をされました。しかし、私はその後も症状の悪化を防ぐために治療を続けました。症状固定の後に支払った治療費も損害として請求できませんか。

症状固定とは、症状が安定し、医療を行ったとしても医療効果が期待できず、改善が見込めない状態になったことをいいます。
そうすると、理論上は、症状固定後にも治療を続けることは意味がないということになりますので、症状固定後(将来)の診療費等は、損害として認められないのが原則です。ただし、特別な事情が認められるのであれば、例外的に将来の治療費についても損害と認められる場合があります。
たとえば、医師の指示等があった場合で、てんかん予防と脳の能力悪化防止のために、抗痙攣剤を服用したり、経過観察のために脳波検査やMRI検査が必要である場合であれば、損害として認められる可能性が高いです。
後のトラブルを避けるためには、症状固定の診断がなされた際に、医師に対し、将来においてどのような治療が必要になるのか、その治療をしなければどのような症状の悪化が見込まれるのかについて、診断書・意見書を作成してもらうのがよいでしょう。

アクセス

新越谷駅・南越谷駅徒歩3分

埼玉県越谷市南越谷1-22-5
ノーブルクロスⅠ 3階(地図はこちら

交通

  • 東武スカイツリーライン新越谷駅東口徒歩3分
  • JR武蔵野線南越谷駅北口徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

越谷を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート