夫には、私と結婚する前に結婚していた女性との間に子どもがおり、私との間にも子どもがいます。私は、夫と離婚しようと考えておりますが、私との間の子どもの養育費を算定する際に、前の妻との子どもがいることも考慮されるのですか。

夫が前妻との間に設けた子どもであっても、その夫にとっては自分の子であることは変わりがありませんので、当然に扶養義務を負います。したがって、養育費を算定する際には、夫が扶養すべき子どもとして、前妻の子も今の妻の子もいずれもが考慮されます。
なお、夫の前妻がすでに再婚し、再婚相手と子が養子縁組をした場合には、養親は当然、子と同居して扶養する意思であると考えられますので、夫の扶養義務は二次的なものになります。そうすれば、再婚相手の養親が十分に扶養できる資力がないなどの特別の事情がない限り、第一次的に扶養義務のある今の妻の子のみが養育費算定の基礎になります。

アクセス

新越谷駅・南越谷駅徒歩3分

埼玉県越谷市南越谷1-22-5
ノーブルクロスⅠ 3階(地図はこちら

交通

  • 東武スカイツリーライン新越谷駅東口徒歩3分
  • JR武蔵野線南越谷駅北口徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

越谷を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート