現在単身赴任中ですが、持ち家は他県にあります。この場合、どこの裁判所に個人再生を申し立てたらよいでしょうか?

営業者である場合には、営業所の住所を基準に提起すべき裁判所が決定されますが、そうでない一般の社会人であれば、現在の居所を基準に判断されることになります。したがって、単身赴任先に所在する地方裁判所に申し立てるのが原則です。もっとも、持ち家に妻子がおり、単身赴任期間が短期間であるような場合だと、持ち家の住所を管轄する地方裁判所に申し立てることも可能かと思われます。単身赴任終了間近であるような場合には、持ち家に戻った後申し立てる方が、負担が少ない場合も多いでしょう。持ち家はないが、近い将来引越し予定がある場合には、現在の居住地と引越先の距離を考慮しながら、どちらの住所を基準に申し立てる考えることになるでしょう。

アクセス

新越谷駅・南越谷駅徒歩3分

埼玉県越谷市南越谷1-22-5
ノーブルクロスⅠ 3階(地図はこちら

交通

  • 東武スカイツリーライン新越谷駅東口徒歩3分
  • JR武蔵野線南越谷駅北口徒歩3分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

越谷を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート